banner

便秘解消に何故ヨーグルトがいいのか

便秘になると頭に浮かぶのは「バナナ」「ヨーグルト」「食物繊維」などではないでしょうか?ひどい便秘には薬で対応される方もいらっしゃるかもしれませんが、できれば便秘くらい自力で何とかしたいものです。そこで、ここでは便秘解消に何故ヨーグルトがいいのかについて調べてみましょう。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌の力

ヨーグルトに配合されている菌は、いろいろな種類がありますが、乳酸菌は一般的に腸内細菌のバランスを整えるといわれています。

便秘解消には食物繊維は必須ですが、その食物繊維と合わせて乳酸菌を摂取することが便秘解消の近道なのです。乳酸菌を摂取するとどうして便秘解消になるのかと言えば、乳酸菌を摂取すると、お腹の中で多量の酸が発生し、悪玉菌の増殖が抑えられるようになるのだそうです。悪玉菌の増殖が抑えられてくると、腸内の腐敗を防止し、腸内にいる菌のバランスがとれて正常化されます。乳酸菌のような善玉菌はまた、腸管の活動を活発する働きがあるそうで、栄養素の消化吸収を促進し、いらないものは外に排出するように促します。

乳酸菌摂取の際にお勧めの食べ物

乳酸菌の含まれているものは、納豆やヨーグルト、キムチなどの発酵食品に多く見られますが、実は乳酸菌のほとんどは腸に到達する前に、胃酸などで死んでしまうため、生きたまま腸に届くといわれているものをヨーグルトなどでしっかり摂取するのがお勧めです。せっかく乳酸菌を摂取するのであれば、合わせて食物繊維とオリゴ糖を摂取し、乳酸菌が働きやすい環境を整えてあげることが大切なのではないでしょうか。

便秘改善のためのヨーグルト選びのコツ

ヨーグルトを選ぶときのポイントとしては、生きて腸まで届くビフィズス菌からスタートするのがお勧めです。2週間毎日続けてみて何も効果が得られなければ、他の菌をまた2週間摂取し続けてみて、自分に合っている菌かどうか試してみましょう!

カスピ海ヨーグルト

*ソース:
・腸内改善ラボ
・ダノンジャパン

 

Copyright(c) 2014 便秘解消のヨーグルトについて All Rights Reserved.